奈良県生駒市の産婦人科 / 産科 / 婦人科

杉江産婦人科 sugie ladies clinic

奈良県生駒市の産婦人科 / 産科 / 婦人科

奈良県生駒市の産婦人科 / 産科 / 婦人科

杉江産婦人科 sugie ladies clinic

色とりどりの花

無痛分娩painless

当院では、硬膜外麻酔による無痛分娩をおこなっております。

陣痛の痛みに対して不安や恐怖心を持っている方・・・
ソフロロジーで陣痛を乗り切ろうとしたが、限界に達してしまった方・・・
経産婦さんでも前回の分娩がトラウマになっている方・・・

そのような方々には、硬膜外麻酔による無痛分娩をお勧めします。

色とりどりの風船

硬膜外麻酔について

硬膜外麻酔は、硬膜外腔に腰からカテーテルを挿入、固定し、麻酔薬を注入することにより陣痛が大幅に軽減しますが、痛みが完全に無くなるわけではありません。

意識に変化はありませんので、最後はいきみを加えて、自分の力で産むことが出来ます。

硬膜外麻酔による無痛分娩は安全ですばらしいものですが、

「陣痛に耐えてこそ、一人前の母親になれる」
「無痛分娩は危険なもの」
「無痛分娩を受ける人は、我慢が足りない人」

という考え方が一般の方や産婦人科関係者の間にも根強くあり、これが日本での無痛分娩の普及を妨げていると思います。私は昭和55年以来長きにわたり無痛分娩を施行していますが、危険な思いはしたことがありません。

ソフロロジーと硬膜外麻酔の関係

ソフロロジーの盛んなフランスでは、前半はソフロロジーで陣痛の波を乗り切り、後半は硬膜外麻酔のもと産むというのが主流となりつつあります。このように、ソフロロジーと硬膜外麻酔は協力関係にあるものです。

痛みへの不安はお気軽にご相談ください

無痛分娩は24時間対応が可能ですので、分娩の日を決めて計画分娩を行うことはありません。また、お産の途中でも無痛分娩に変更することが可能です。「痛みに耐えられそうにない」と思った場合にはお申しつけください。

妊婦さんはお産に関して「陣痛に耐えられるかどうか」という点におおきな不安を感じているかと思います。無痛分娩という選択肢があるというだけで、心の余裕につながり、自然分娩で頑張れる方もいらっしゃいます。


ページトップ